top of page

ステーブルコインとは

更新日:2022年6月28日

ステーブルコインとは、その名前が示すように法定通貨、暗号資産、金などの他の資産に裏付けされた安定性のある暗号資産のことを指し、分散化型金融により法定紙幣と連動しています。大幅な価格変動が少ないため、資産の交換手段として適していると言えます。


最初のステーブルコインは、2014年にテザー社によって発行されたUSDT(テザー)であり、その価値は米ドルに連動しています。テザー社は、一定額のUSDTが発行されると、対応する額の米ドルが公式口座に預け入れられると公表しており、発行されたUSDTトークンは米ドルの価値にに準拠します。交換比率は1:1で、テザー社のプラットフォームで資金照会を行うことができます。このようなメカニズムによりユーザーに完全なセキュリティを保証しています。

さらに、USDCやDAIなど、ユーザーが幅広く使用している他のステーブルコインもあります。これらも米ドル価格に連動しており、交換比率は1:1に保たれています。

ステーブルコインの区分と長所・短所

ステーブルコインは、法定通貨担保、暗号資産担保、および無担保ステーブルコインの3つのカテゴリーに分類されます。 USDTやUSDCなどの法定通貨担保付きステーブルコインは、市場で最も人気のあるステーブルコインです。しかしステーブルコインは一元化されているがために不透明であり、資金の保管やトークンの引き換えが保証されないという欠点がありました。しかし、担保に関する質問(準備金の安全性や正確な金額など)が追加されることによってこの不確実性を解決しました。

暗号資産で担保されたステーブルコインは、法定通貨で担保されたステーブルコインに似ていますが、主な違いは、DAIなどの暗号資産によって担保されることです。担保自体は分散型暗号資産であるため、信用の問題は解決されます。またこのアプローチにより、ユーザーはステーブルコインの総量を超える担保をロックすることでステーブルコインを作成できます。ただ、問題は担保にもあり、暗号資産の価値は変動が大きく、価値が急激に低下し、ステーブルコインの基礎となる裏付けとしての価値に影響を与える可能性があります。

保護されていないステーブルコインは、アルゴリズムステーブルコインとも呼ばれます。 USDTなどのステーブルコインは、バックアップするための担保を必要としません。トークン自体の価値は、発行されたトークンの供給を管理し、トークンの総供給量を調整することによって安定した価格を維持するアルゴリズムとスマートコントラクトの上に成り立っています。これらのステーブルコインの欠点は、その安定性が複雑な中央集権型金融に委ねられていることが多いということです。保護されていないステーブルコインのほとんどは、非常に大きな変動とリスクを伴う可能性が高いと言えます。

ステーブルコインが必要な理由

法定通貨と比較して、暗号資産市場はまだ不安定であり、トークンの価値は資産の変動が激しいことがあります。このことから投資家はデジタルキャッシュを保管することが難しくなります。 その点、ステーブルコインの価値は、安定した価値を提供できる原資産または法定通貨と密接に連動しています。 ステーブルコインは、さまざまなメカニズムを通じて安定性を維持することが可能であり、それはすなわち不安定な市場でも信頼できる資産であると言えます。

ステーブルコインに投資すべきか

ステーブルコインは、投資家に安定したデジタルチャネルを提供して、利益を一定に保っています。ステーブルコインは流動性を提供することができますが、主に交換であったり、担保として使用されている背景から、投資家に多くの利益をもたらすことはできません。

まとめ

多くの規制があるにも関わらず、ステーブルコインは依然として暗号資産市場の重要な役割を担っています。ステーブルコインは、資産に裏づけされた暗号資産を指します。また、さまざまなメカニズムによって、ステーブルコインは事前に設定された価格範囲内でしか変動しません。したがって、ステーブルコインは交換手段として機能するだけでなく、長期投資の安全な供給源と広く認識されています。

免責事項:暗号資産の取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。記事の内容は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 Chainpostは情報のみを提供し、具体的な投資に関するアドバイスは提供しておりません。投資する際には、必ず様々なリスクを理解してから投資しましょう。

bottom of page