top of page

GameFiとは?

更新日:2022年7月1日

ブロックチェーンゲームは、2021年に最も勢いのあったブロックチェーンベースのプロジェクトの1つです。その中でも、Axie Infinity、Crabadaなどのブロックチェーンゲームの取引量は、1か月で5億ドルを超えを記録し、あらゆる分野の注目を集めています。この流行の背景には、GameFi(Game Finance)という概念があります。

では、GameFiとは何か、またブロックチェーンユーザーにとって何が魅力的で、どのように参加するのかについて次のようにまとめました。


GameFiとは?

分散型金融(DeFi)と非代替性トークン(NFT)開発の必然の結果として考えられているこのGamiFiは、参加ユーザーがゲームを楽しむことができるように、DeFiとNFTの要素を取り入れたものであり、同時にトークン報酬または、NFTを通じて実際に資産を増やすことが可能です。ゲームスタジオに出向いてゲームをプレイする従来のゲームプレーヤーと比較すると、大きな違いがあるということに驚く方もいらっしゃるかもしれません。さらに、GamiFiは、ゲーム内のアイテム課金を通じて、ゲームのユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

また、ゲーム内での交流を通じてNFTにさらに実用的な価値が付与さえれます。たとえば、NFTのアイテムは、取引プラットフォームで販売される単なる商品ではなく、ゲーム内の市場で直接取引することもできます。ゲームをする上でのプロセスのすべての操作がチェーン上で完結する限り、ゲームで得た資産はスマートコントラクトのルールを通じて厳密にユーザーに帰属し、プラットフォームはそれに干渉する権利を持ちません。したがって、ゲームサーバーが停止するとユーザーに何も残さない従来のゲームの仕組みとちがい利便性が高く、永久に継続され寿命がないと言っていいでしょう。

GameFiの要素は、トークンやプロジェクトNFTを介したコミュニティの資金調達から、マイニングされたトークンやNFTを介したゲーム内活動の収益化まで、ゲーム開発のプロセス全体に統合できます。これにより、プレイヤーの没入感、交流、ゲームのユーザーエクスペリエンスが大幅に向上します。現在、Axie Infinity、Crabada、Crypto Raiders、DeFi Kingdoms、UplandなどのプロジェクトがGameFi分野を盛り上げています。

ブロックチェーン上のゲームプレイ中に稼ぐ

GameFiの最も強調されるべき点はP2E(Play-to-Earn)です。これにより、プレイヤーは厳密に作成されたトケノミクスを通じて生計を立て、経済的なサポートを得ることになります。

P2Eを利用することで、ユーザーはゲーム市場で販売できるNFTまたは暗号資産をマイニング、収集できます。すべてのゲームユーザーは、定期的にゲームに参加している限り、トークン報酬またはゲーム内アイテムを獲得し、収入を得るためにそれらを販売することができます。実際、多くのプレーヤーがこれを通じて資産を増やし、P2Eゲームが全体的な収入源として認識しています。ただ、P2Eには大きなリスクも伴います。ユーザーは、ゲームに参加する前に、まずキャラクターやアイテムを購入する資金を投資する必要があります。

Axie Infinityのような例では、プレーヤーは市場でAxieトークンを売買できます。 AxieInfinityはEthereumのプロジェクトに属しており、 AxieトークンはEthereumとペアで購入する必要があります。 2022年4月1日のAxie(ペット)のエントリー価格は約0.005ETHで、これは現在の通貨価格($ 15-18)に相当します。

ブロックチェーンは、これらのアイテムの収集を可能とし、効率の良いデジタルエコノミーを作成するのに役立ちます。ブロックチェーン技術とNFTは、複製できないデジタルアイテムを作成する可能性を持ち、デジタルな希少性の概念を生み出します。また、現金を引き出すには、ユーザーはNFTまたは暗号資産をNFTマーケットプレイス、またはMEXCなどの信頼できる取引所に預けてステーブルコインと交換する必要があります。 NFTまたはトークンの販売が完了した後、プレイヤーはステーブルコインを希望の法定通貨に交換して、その後現金として引き出すことができます。

GameFiに秘められた実用性

Gamefiには、完成したエコシステム、膨大な利用者層、経済的メリットがあります。GameFiの「マイニング」と金銭的報酬は、パンデミックの影響を受けた人々を経済的に支えています。プレイヤーは、Axie InfinityでSLPトークンをマイニングすることで、月に200ドルから1000ドルの収入を得ることができ、NFTや暗号資産の取引と比較して低リスクで収入を得ることができます。このマイニングとゲームのエンターテインメント性は世界中で人気が証明されており、AxieInfinityはフィリピンの失業手当の代替手段にさえなっています。 P2Eが成長し続けるにつれて、GameFiはブロックチェーンユーザー数増加のための強力な起爆剤にもなります。

ただ、GameFiのユーザーエクスペリエンスは、ブロックチェーンネットワークのパフォーマンスと取引コストがまだその成長の妨げになっています。 DeFiの、統合された技術基盤の発展に伴って、ゲーム開発者はより安価な取引ができ、AvalancheやPolygonなどのシームレスなユーザーえくエクスペリエンスが提供できるブロックチェーンに慎重な決断を下す必要があります。

GameFiとメタバース

2021年はメタバースとGameFiの流行の年になりましたが、現在のメタバースは「Play-to-Earn」ゲームに基づく仮想現実エコシステムの集約で構成されています。いつの日か、人々はゲームを通してお金を稼ぎ、交換、管理、節約し、ゲームを通して買い物をするようになるでしょう。そして個人がメタバースで何かを創作したり、遊び、交流することができるようになります。現在の注目すべきデジタルワールドゲームには、Ember Sword(12,000の仮想プロットが販売され、4億ドル以上が生成された)、

Treeverse(71.8百万ドルの時価総額)、Somnium Space、CryptoVoxels、およびMy Neighbor Alice、などがあり、将来の開発がどこまで進むのか、とても楽しみな分野に成長しています。

全体像としてのGameFiは、従来のゲームにおける個々に分断された世界ではなく、メタバース内で価値の共有を通し新たな世界を再構築します。

まとめ

GameFiは、プレーヤーにシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供し、従来のゲームで障壁となってきた部分を取り除き、新しいパラダイムを提供するものです。

ゲーム業界ににっとって激震となる例として、ゲームプレーヤーがゲームのキャラクター、資産、装備を完全に所有できるようになること、参加者がトークン主導で、ゲーム開発の方向性に関わる権利、分散型構造によるブロックチェーンベースのゲームの運用のあり方等が挙げられます。

これらの特性が、意思決定とGameFiエコシステムへの参加を奨励することになり、ゲームの成功に貢献してきた初期のプレーヤーに報酬を与えることになります。GameFiには、情報基盤に関する問題など、克服すべき欠点があります。

また、ブロックチェーンゲームの理想のあり方としてはユーザー定着のために何もダウンロードすることなく、リンクをクリックするだけでアクセスできる必要があります。

ただ、現在のゲームはブロックチェーンの全体的なTPS速度によって制限されており、プレーヤーはチェーンと直接接続するときにスムーズなゲームを楽しむことができない場合があります。さらに、Axie Infinityのようなゲームでは、プレーヤーが3匹のペットを購入する必要があり、初期投資コストが高額になるため、プレーヤーの参入が制限される可能性があります。さらに、プレイヤーがGameFiをを開始する場合は、ブロックチェーンに関して十分に精通している必要があります。 このような点からGameFiが一般社会にうまく浸透できるかどうかはまだ不確かですが、その将来は明るいと言えます。

免責事項:暗号資産の取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。記事の内容は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 Chainpostは情報のみを提供し、具体的な投資に関するアドバイスは提供しておりません。投資する際には、必ず様々なリスクを理解してから投資しましょう。

bottom of page