top of page

先物取引におけるインデックス価格、公正価格、終値の違いについて

先物取引におけるインデックス価格、公正価格、終値の違いについて

先物取引のページでは、インデックス価格、公正価格、終値の3つの価格が表示されておりますが、これらの価格の意味や違いについてご説明いたします。


インターフェースの紹介

先物取引のページでは、3つの価格を確認することができます。通常、これらの価格は大きく乖離することはありません。

3つの価格の定義

インデックス価格は、少なくとも3つの主要な暗号資産取引所から選ばれた現物価格にMEXCが異なるウェイトをつけて提示している平均価格です。

公正価格は、MEXCが独自に開発したインデックス価格と資金調達率に基づいて算出されるリアルタイムで公正な価格です。ポジションのフローティング損益(未実現損益)の計算や強制清算の判断の際に参照されます。つまり、清算や自動レバレッジは、終値ではなく、公正価格に基づいて行われます。

終値は、MEXC先物取引でのリアルタイムの市場取引価格の1日の最後の取引価格です。

公正価格の算出方法

資金調達基準 = 資金調達率 *(資金調達までの時間 / 資金調達の間隔時間)

公正価格 = インデックス価格 *(1+資金調達基準)

​​

​​免責事項:暗号資産の取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。記事の内容は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 Chainpostは情報のみを提供し、具体的な投資に関するアドバイスは提供しておりません。投資する際には、必ず様々なリスクを理解してから投資しましょう。

関連記事

すべて表示

先物取引における用語の説明

ウォレット残高 = 総入金額−総出金額 +実現損益 実現損益 = 決済した損益の合計 − 手数料 − 資金調達手数料 総資産 = ウォレット残高 + 未実現損益 ポジション証拠金 = ポジションに対する証拠金で、一般的にユーザーの全ての証拠金(分離/クロスマージン)を含みます。MEXC先物取引のポジション証拠金はユーザーの分離マージンのポジション証拠金とクロスマージンの初期証拠金のみが含まれ、クロ

bottom of page