top of page

分離モードとクロスモードの違い


分離モードとクロスモードは異なる証拠金(マージン)モードであり、取引ページにてレバレッジ倍数の異なる証拠金モードを複数選択していただけます。レバレッジの倍数は、分離モードのポジション証拠金とクロスモードの必要証拠金に関連しています。

ヘッジモードでは、ロングとショートにそれぞれレバレッジ倍数を設定する必要があります。

ワンウェイモードでは、レバレッジの設定は一度のみです。


分離モード

分離モードでは、ポジション証拠金は固定値です。必要証拠金は、レバレッジやリスク制限などを調整することで変更できます。ポジション証拠金残高が維持証拠金を下回った場合、自動で強制的に決済されます。このとき、ポジション証拠金の金額は、ユーザーが失う最大額となります。

分離ポジション証拠金 = オープンポジションの数 * 平均オープン価格 / レバレッジ倍数

BTCUSDT先物で0.1BTCのポジションを50,000USDTで購入し、開始時のレバレッジが25倍であるとします。

分離ポジション証拠金=50,000* 0.1 / 25 = 200USDT

価格変動によりユーザーが保有するポジションが強制決済された場合、ポジション証拠金のみが失われ、先物口座の他の資産に影響を与えることはありません。

クロスモード

クロスモードでは、ユーザーの先物口座のすべての残高がポジション証拠金として使用されます。ユーザーは複数の先物商品のもとでポジションをフルポジションモードに設定でき、フルポジションモードに設定されたすべてのポジションは証拠金として口座残高を共有できます。ただし、収益性の高いポジションの未実現利益および損失は、他のポジションの証拠金として使用することはできません。

クロスポジション必要証拠金 = オープンポジションの数 * 平均オープン価格 / レバレッジ倍数

クロスポジション証拠金 = 先物利用可能残高

BTCUSDT先物で0.1BTCのポジションを50,000USDTで購入し、フルポジションのレバレッジ倍数が25倍で、フルポジションが1000USDTであるとします。

クロスポジション必要証拠金=50000* 0.1 / 25 = 200USDT

ただし、クロスポジション証拠金は1000USDTとなります

先物取引口座で利用可能なすべての資金は証拠金と見なされ、ポジションの損失が口座残高を超えたときに強制決済されます。

まとめ

分離モードとクロスモードは2つの証拠金(マージン)モードであり、ユーザーは自分のニーズに併せて選択できます。分離ポジション証拠金は固定値であり、ユーザーはリスクと証拠金をより適切に制御できます。クロスポジション証拠金は、先物口座にあるすべての資金を指し、シンプルかつ理解しやすいものになります。

免責事項:暗号資産の取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。これらの資料は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 MEXC Learnは情報のみを提供し、経済的なアドバイスは提供しません。投資する前に、関連するリスクを完全に理解していることを確認する必要があります。

関連記事

すべて表示

先物取引における用語の説明

ウォレット残高 = 総入金額−総出金額 +実現損益 実現損益 = 決済した損益の合計 − 手数料 − 資金調達手数料 総資産 = ウォレット残高 + 未実現損益 ポジション証拠金 = ポジションに対する証拠金で、一般的にユーザーの全ての証拠金(分離/クロスマージン)を含みます。MEXC先物取引のポジション証拠金はユーザーの分離マージンのポジション証拠金とクロスマージンの初期証拠金のみが含まれ、クロ

bottom of page