top of page

利益確定売り、および損切りをする方法

更新日:2022年7月1日



トリガー注文は、ポジションを開く、閉じる際両方に使うことができます。

トリガー注文(ストップ注文)は、市場の状況に基づいて、自身が決めた注文内容を自動的に注文に反映することができる条件付きの注文方法です。成行注文や指値注文とは異なり、設定したトリガー条件が有効になったときにのみ実行されます。

トリガー注文の利点は、一度設定されると、事前に定義した条件を満たした場合にのみ自動的に注文が実行されることです。トリガー注文を通して、一定の条件で利益の獲得および損失拡大を防止したり、市場価格が希望の数値に達した後にポジションを開くことができます。

トリガー注文で利益確定売り、および損切りをする方法

トリガー注文は、ポジションの開いたり閉じたりすることができます。

トリガー注文を設定するには、トリガーの価格、価格と数量を入力してください。

トリガー価格タイプには、「直近価格」、「公正価格」、「インデックス価格」のいずれかを選択できます。トリガー価格タイプとしてインデックス価格を選択した場合、注文はインデックス価格が希望のレベルに達したときにのみトリガーされます。

有効期間:トリガー注文の有効期間:24時間、7日、その他有効期間内にて選択できます。

トリガー注文は、指値または成行注文と一緒に出すことができます

指値または成行注文を出すとき、「利確/損切」をクリックしてトリガー指値価格を設定することができます。このように指値または成行注文と同時にトリガー指値注文が出されます。

ここでのトリガー指値注文は、トリガー価格が一定の価格に達したときに約定されることに注意してください。

トリガー注文は、ポジションを保有した後に行うことができます。

先物ポジションを保有している場合は、ポジション欄でトリガー注文のみ実行できます。

トリガーの順番を確認したら、[ストップリミット]タブで確認できます。ストップリミット注文を設定する場合、トリガーする前に資産が凍結することはありません。よって、注文を実行するのに十分な資産があることを確認してください。そうでない場合トリガー注文が実行されない可能性があります。

ストップ注文の例

50,000USDTでBTCUSDT先物の0.1BTCポジションを購入するとします。

トリガー指値注文を55,000USDTに設定して利益を受け取り、49,000USDTで損失を止めることができます。

BTCUSDT先物価格が55,000USDTに達すると、トリガー注文は自動的に実行され、約500USDTの利益を可能にします。

BTCUSDT先物の公正価格が49,000USDTに達すると、トリガー注文は自動的に実行され、約100USDTで強制決済され、それ以上の損失が出ないように機能します。

まとめ

ストップ注文を設定することで利益を確定し、損失拡大を防止することができます。これによってリスクを管理し、より多くの利益獲得に役立ちます。

免責事項:暗号資産の取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。記事の内容は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 Chainpostは情報のみを提供し、具体的な投資に関するアドバイスは提供しておりません。投資する際には、必ず様々なリスクを理解してから投資しましょう。


関連記事

すべて表示

先物取引における用語の説明

ウォレット残高 = 総入金額−総出金額 +実現損益 実現損益 = 決済した損益の合計 − 手数料 − 資金調達手数料 総資産 = ウォレット残高 + 未実現損益 ポジション証拠金 = ポジションに対する証拠金で、一般的にユーザーの全ての証拠金(分離/クロスマージン)を含みます。MEXC先物取引のポジション証拠金はユーザーの分離マージンのポジション証拠金とクロスマージンの初期証拠金のみが含まれ、クロ

bottom of page