top of page

USDT証拠金先物とコイン証拠金先物の違いについて

更新日:2022年7月1日

USDT証拠金先物

USDT証拠金先物はMEXC先物商品の一つであり、米ドルで固定されている(ペッグ)、ステーブルコインのUSDTトークンで見積り決済されます。また損益グラフが直線になる、いわゆる直線デリバティブ商品を指します。

USDT証拠金先物の主な利点の1つは、フィアットでのリターンを簡単に計算できることです。これにより、USDT証拠金先物がより直感的なものになります。たとえば、1,000米ドルの利益を得た場合、1米ドルの価値は1米ドルと固定(ペッグ)されているため、利益は約1,000米ドルの価値があると簡単に見積もることができます。

MEXCは数百種類に及ぶ先物取引ペアを用意しており、先物ページ左上画面より選択できます。

ポジションを開く前に、先物口座で利用可能なUSDTがあることを確認してください。


コイン証拠金先物

MEXCが提供するコイン証拠金先物は、暗号資産を担保(暗号資産建てでの取引)としてご利用いただけます。つまり、暗号資産がその基軸通貨となり、 一例としてBTC証拠金先物の場合、BTCトークンを必要証拠金として利益を計算する際に使用されます。

コイン証拠金先物の最大の利点は、資産効率を向上させることができ、暗号資産を保有しながら先物商品の取引ができることです。同時に、暗号資産が証拠金として使用されているためにフィアットでリターンを計算する必要がある場合、コイン証拠金の先物自体には1倍のレバレッジがあるためリスクは少し大きくなりますが、同時に得られるリターンも大きくなります。

MEXCは現在、BTCとETHトークンを利用したコイン証拠金先物を提供しています。ポジションを開く前に、先物口座でBTC/ETH資産を利用できるようにしてください。

選択方法

コイン証拠金を先物取引に選択する最大の利点は、ポジションにリベートを提供できることです。これはロングポジションを希望するトレーダーにとって最も理想的な選択肢です。 BTCまたはETHトークン保有者は、MEXC先物市場でヘッジおよび取引するために、保有する資産をUSDTトークンと交換する必要はありません。言い換えれば、暗号通貨を低価格で売買する必要はありません。

強気市場が来ると、投資家は手元の暗号資産を保有し続ける傾向があります。コイン証拠金先物は暗号資産で決済されるため、利益は暗号資産の長期保有に直接変換されます。これは、長期的に暗号資産を保有するための優れた方法であると言えます。

USDT証拠金先物取引経験がないユーザーも、MEXCでは数百におよぶ種類豊富な先物取引ペアからそれぞれのニーズに合った商品をお選びいただけます。レバレッジ投資からより大きな収益を得る方法の一つとして是非先物取引の候補に挙げて頂けたらと思います。

まとめ

USDT証拠金先物とコイン証拠金先物にはそれぞれ利点があります。担保と決済は異なる暗号資産が使われます。ユーザーは、自分のニーズに応じた商品をお選びいただけます。

免責事項:暗号資産の取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。記事の内容は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 Chainpostは情報のみを提供し、具体的な投資に関するアドバイスは提供しておりません。投資する際には、必ず様々なリスクを理解してから投資しましょう。

bottom of page