top of page

ブロックチェーンとは

更新日:2022年7月5日

ブロックチェーンとは一体何なのでしょうか?初めて暗号資産に触れる方には言うまでもなく、多くの経験豊富な投資家でさえ明確に説明することはできないのではないでしょうか。今回、この記事を読んでいただければブロックチェーンについて大まかに理解することができる内容となっています。




ブロックチェーンの構成:ブロックとチェーンはどちらも不可欠




まず、ブロックチェーンはこれまでにない分散型台帳(decentralized)に従ったシステムで、確定した取引を台帳のように、ブロック単位で永久保存できる分散型データベースシステムのことです。世界中の人々がパソコンでユーザー台帳にアクセスすると、自動的に「バックアップ」が作成されます。 一般に「ブロック」と呼ばれるものはすなわち「バックアップ」のことを指しています。各ブロックは順番に「チェーン」によって互いにリンクされています。そして、このブロックチェーン上のデータは徐々に増えていき、インターネット上で一般に公開されています。


ブロックチェーンの中核的な特徴は、分散型システム、匿名性、不変性、価値の一意性、スマートコントラクトを備えていることです。将来性のあるデジタル技術です。最初のブロックチェーンのプロトタイプが生まれた1990年代前半には、デジタル文書のセキュリティの確保に利用されていました。ブロックチェーンの実用的な価値が探求され始めた近年、ブロックチェーンシステムは技術的なトレンドが形成され始め、ビットコインなどの暗号資産が登場するきっかけとなりました 。その結果、ほとんどの暗号資産ネットワークはブロックチェーンシステムに支えられ、分散化と流通の永久記録を可能にしています。




もちろん、ブロックチェーンの運用と保守には、適切な仕組みも必要です。その仕組みとは、「ノード」と「不可逆性」です。




ノード:ブロックチェーンネットワークの基本かつ重要な要素


ブロックチェーンを利用するには、ノードが必要です。ノードの役割は、暗号資産の取引記録のかたまりである「ブロック」を監視、管理することです。そしてこれらのノードはブロックチェーン上のすべてのルールに従う必要があります。


ブロックチェーン上の取引は、P2P(ピア・ツー・ピア)の性質を持っています。この「ピア」とはノードのことを指します。ブロックチェーンネットワークにアクセスした際には、世界中のあらゆるコンピューター(通信端末)がノードになりうるのです。独立した各ノードはブロックチェーンのコピーを保持し、ブロックチェーンネットワークの機能性と安全性を維持することが可能です。そのため、ノードはブロックチェーンシステムが分散化と検閲への抵抗を実現するための重要な仕組みとして考えられています。



全ノードが同じデータをブロックとして時系列で保持する


(写真素材:ContractGateにより)


不可逆性:ブロックチェーンのデータ技術上必要な仕組みです。


不可逆とは、主にブロックチェーンに既に記録されたデータを改ざんできないことを意味します。これは、ブロックチェーンシステムが、ネットワーク機能の継続性を保証するPoW(プルーフ・オブ・ワーク)コンセンサスメカニズムに基づいて構築されているからこそ可能なのです。もし、あるノード上のユーザーがシステムを破壊しようとした場合、コンセンサスメカニズムが迅速に作動し、それを阻止することができます。


不可逆性は、それゆえ、金融システム開発の技術的側面において必要なメカニズムといえます。



(写真素材:CBONEWSにより)



ブロックチェーンのメリット


ブロックチェーンの分散型ネットワーク技術では、ネットワークの各参加者がデータのコピーを1つしか保持できないため、他のネットワークと比較してセキュリティが大幅に強化されます。 しかも、リアルタイムで同時に動作します。 このため、従来のインターネットハッカーがこれらのネットワークに侵入するのは困難です。ブロックチェーンネットワークを攻撃するには、ハッカーはまず貢献データの少なくとも50%を提供する必要があります。 従ってブロックチェーンは最も安全なデータベースの一つとなっています。 当初は、記録の改ざんを防ぐことが目的の一つでした。 さらに、ハッシュ化で保護することで、ハッキング防止能力をさらに高めています。


もちろん、ブロックチェーンの活用はこれだけにとどまりません。 金融分野だけでなく、さまざまな業種がブロックチェーンネットワーク技術を利用することができます。 特に、データストレージの完全性の維持、手作業によるプロセス介入を排除することによる効率化、中間業者を排除することによるコスト削減のために使用されています。





ブロックチェーンのデメリット


技術的なデメリット:ブロックチェーン関連技術はまだ研究、開発の段階にあり、市場に大規模に導入されるにはまだ時間がかかると考えておく必要があります。 特許は手にしているものの、ブロックチェーン関連の製品はほとんど世に出ていません。まだブロックチェーン2.0の時代であり、ブロックチェーン3.0に飛躍するのは、まだまだ先の話でしょう。


経済的デメリット:ブロックチェーンの経済的デメリットは、主に金融投機という形で発生しています。 現在、暗号資産の投機が横行し、適切で専門的な暗号資産取引所で一部の投資家が莫大な報酬を得ているにもかかわらず、損失を出すことが一般的になっています。


もう一つのポイントは、この技術がその利点を有効活用するために、社会経済の重要な担い手である企業が導入に向けた投資を行う必要があります。しかし、ほとんどの企業はまだ傍観者であり、ブロックチェーンへの投資に対するリターンはまだ明確に証明されていません。



法律的デメリット:ブロックチェーンの非中央集権的な性質は、政府当局の統制・監視下になく、政府がシステムに対して責任を持てないということです。例えば、ブロックチェーンシステムに違反やハッキングがあった場合、政府に法的保護を申請する方法がないのです。




最後に


多くの専門家は、ブロックチェーンは未来の社会が大きな恩恵を受ける長期的な技術として開発に関しては大いに評価できると考えています。少なくとも今の段階では、ブロックチェーンは仲介コストが高く信頼性に対する評価の低いプロジェクトにとっては有効であることが広く認識されています。



免責事項:暗号資産の取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。記事の内容は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 Chainpostは情報のみを提供し、具体的な投資に関するアドバイスは提供しておりません。投資する際には、必ず様々なリスクを理解してから投資しましょう。

関連記事

すべて表示

スマートコントラクトを解説

スマートコントラクトは、ブロックチェーンに最初に登場した概念ではなく、1994年にコンピューター科学者であり暗号学者のNick Szabo氏によって考案されました。 「スマートコントラクトとは、あらかじめ設定されたルールに従って履行するコンピューター化されたトランザクションプロトコルを指す。」 残念ながら、開発された当時は十分な注目を集めませんでした。しかし、スマートコントラクトの概念が空想上の物

bottom of page