top of page

ビットコイン(BTC)とは

更新日:2022年7月5日

ビットコインは、BTCとも呼ばれ、ブロックチェーンを基盤技術として用いたピアツーピアの分散型暗号資産のことです。2008年にサトシ・ナカモトがホワイトペーパー「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」で初めて提案しました。2009年にBTCの最初のブロックである「Genesis Block」が採掘され、ビットコインのネットワークが始まり、暗号資産とブロックチェーンの動きが始まりました。


暗号資産の元祖であるビットコインは、もともと「通貨」として構築されたものです。ビットコインの「総量が一定」「経済的自由度」という特性から、現在ではゴールドのような投資商品として捉える人が増えています。このため、ビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれています。また、政府によっては、通貨として法的に定義しているところもあり、より一般に認知されるようになりました。







ビットコインの特徴


ビットコインは、従来の通貨と比較して、分散型、総量が一定、透明と不変性、世界的な流通、安全性などの特徴があります。


分散型(非中央集権性): ビットコインは分散型暗号資産です。その発行と取引は中央集権的な機関に依存せず、独立した参加者によって決定されます。参加者の参入や離脱が、システム全体に決定的な影響を与えることはありません。これは、ビットコインの安全性と自由度を保証するものでもあります。


発行総量が一定である :ビットコインの発行枚数の上限があり、一定のルールに従って採掘されます。ビットコインの総発行量は2100万枚とアルゴリズムで決められており、ビットコインネットワークは10分ごとに一定量のビットコインを放出します。4年ごとに生産量が半分になるため、2140年には発行完了と予想されています。このことからも、ビットコインは希少性が高く、より多くの投資家に求められています。


透明性と非変性 :ビットコインに関するあらゆる取引行動はオープンで透明性が高く、ブロックチェーン上で確認することができます。すべての取引データを改ざんすることはできません。また、取引者の身元も匿名であり、公に痕跡が残らないため、利用者にプライバシーを提供することができます。


世界的な流通:ビットコインは、どの機関にも管理されていない貴重な暗号資産です。国境を越えた送金などの国際取引は、従来、何重もの外国為替管理機関を経由する必要があり、取引時間も非常に長くなっています。ビットコインの取引は、ユーザーがデジタルアドレスを入力し、マウスをクリックし、ネットワークが取引を確認するのを待つだけでいいのです。


安全であること :ビットコインの金融システムは、世界中の無数のコンピューターによって運営されています。ブロックチェーンを攻撃するには、少なくとも世界の50%のコンピューターをハッキングする必要があり、その実行は極めて困難でコストもかかります。


ビットコインの上記の特徴は、従来の法定通貨の制限を完全に超えています。しかし、ビットコインの取引には法的な保護がありません。ビットコインの不可逆的な性質は、ユーザーを詐欺に遭わせる可能性があり、分散型もまた、ビットコインの評価保証や政府のサポートがないことを意味します。



ビットコインの一般的な用途


上記のような特徴から、ビットコインは広く認知され、オンライン取引や国境を越えた送金に利用されるようになりました。ビットコインは現在、より多くの投資家に評価されています。投資家は、インフレ対策や資産の増加を達成するために、価値の貯蔵として長期的に保有しています。



ビットコインを保有する理由と方法


ビットコインは流動性を高め、インフレリスクを低減させます。その不可逆的な性質は、世界が電子決済を行うために第三者を信用する必要がなくなったため、魅力的なものとなっています。人々は、取引または資産に関する情報を簡単に管理することができます。




ビットコインを所有するには多くの方法がありますが、一般的なものは採掘、暗号資産取引所での購入、エアドロップによる報酬などです。初期には、採掘によってビットコインを得ることができ、得られたビットコインはビットコインウォレットに転送することができます。ビットコインの価格上昇、ネットワークの計算能力の向上、激しい競争により、採掘はますます困難になってきています。









ビットコインとイーサリアムの比較


ビットコインとイーサリアムはどちらも分散型の暗号資産です。しかし、その目的は大きく異なります。ビットコインは安全な暗号資産であることだけを目的に作られたのに対し、イーサリアムは安全で効率的な分散型ネットワークを作ることを目的に作られました。暗号資産世界第二位のイーサリアムの目的は、ビットコインと競争することではなく、ブロックチェーンがもたらす可能性を世界に示すことなのです。



ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

設立日

ホワイトペーパーは2008年10月31日に発表され、実際にソフトウェアが立ち上がったのは2009年1月9日です。

ホワイトペーパーは2013年末に公開され、ソフトウェアが立ち上がったのは2015年7月です。

設立者

サトシ・ナカモト

ヴィタリック・ ブテリン

理念

世界中の人々が供給量を管理できるオープンソースのソフトウェアであり、どんな政府や中央銀行もコントロールできません。

新たな資産やアプリのためのOSになることを目指して誕生しました。

発行枚数

2100万BTC

発行上限なし

ネットワークのデザイン

ビットコインのデザインの中核は、仲介業者なしで世界のどこからでも2者間でBTC送金が可能なところです。

Dapps(分散型アプリ)を作るためには、開発者は、ある一定の条件が満たされたら自動で特定の動作を行うスマートコントラクトと呼ばれるコードを書いて、イーサリアムのブロックチェーンに実装する必要があります。

時価総額

(2022年6月)

約4180億ドル

約1416億ドル



最後に


ビットコインは10年以上前から開発されており、この10年間で、ビットコインの価格は0.0025ドルから69,000ドルの過去最高値まで上昇しました。しかし、すべての暗号資産はボラティリティが高いため、投資家の皆様はリスクをコントロールし、慎重に投資する必要があります。



免責事項:暗号資産の取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。記事の内容は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 Chainpostは情報のみを提供し、具体的な投資に関するアドバイスは提供しておりません。投資する際には、必ず様々なリスクを理解してから投資しましょう。

関連記事

すべて表示

スマートコントラクトを解説

スマートコントラクトは、ブロックチェーンに最初に登場した概念ではなく、1994年にコンピューター科学者であり暗号学者のNick Szabo氏によって考案されました。 「スマートコントラクトとは、あらかじめ設定されたルールに従って履行するコンピューター化されたトランザクションプロトコルを指す。」 残念ながら、開発された当時は十分な注目を集めませんでした。しかし、スマートコントラクトの概念が空想上の物

bottom of page