top of page

テザー(USDT)を解説

更新日:2022年7月5日

テザー(USDT)は、法定通貨である米ドルに連動する、法定通貨に裏打ちされた暗号資産です。2014年にテザー社によって最初に発行され、その値はUSDに1:1で固定(ペッグ)されています。また発行されたUSDTトークン毎に、テザー社の銀行口座は予備の1米ドルを保有します。現在市場で最も人気のあるステーブルコインの1つで、USDTトークンは、時価総額の点から見ると市場で最初かつ最大のステーブルコインです。 USDTトークンは元々ビットコイン上のブロックチェーンで発行されていましたが、現在他のブロックチェーンに移行しています。





テザーの機能(USDT)


USDTトークンには以下の特徴があります。


1)価格変動が少なく、安定しています。

USDTトークンの価値は米ドルに固定されているため、USDTトークンが発行する金額と、その資本保証としての準備金の金額が同等になります。準備金は、USDTトークンの価格が他の暗号資産のように変動しないようにします。


2)USDTトークンは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して、国際的なコンプライアンス基準と規制を満たしながら、世界基準のセキュリティを提供しています。


3)オープンで透明。テザー社は外貨準備金を毎日発行し、それについて監査されています。同時に、ユーザーは透明性を確保するためにテザー社のプラットフォームで資金照会を行うこともできます。




テザーの使用法(USDT)


安定した暗号資産としてのUSDTの主な機能は、市場変動の回避、金融サービスのコスト排除など、さまざまな取引所で暗号資産と他の暗号資産の間の交換手段として機能することです。ブロックチェーンで送金に使用したり、米ドルに固定されているため外国為替のように取引することもできます。


1)取引所での暗号資産取引にUSDTトークンを使用

USDTトークンから暗号資産への取引は、USDTトークンと他の暗号資産との間の取引を指します。たとえば、MEXCには何千もの暗号資産がありますが、それらのほとんどは法定通貨(USDやGBPなど)での直接購入をサポートしていません。代わりに、USDTトークンを使用して他のデジタル通貨を購入する必要があります。


2)クロスチェーンでの資金移動をサポート

安定した暗号資産として、USDTトークンは資金移動の際に頻繁に使用されます。 TRC20、ERC20、BSC、SOL、MATIC、ALGOなど、多くのブロックチェーンでのUSDTトークンの移動をサポートしています。トランザクションの速度は異なり、ユーザーはMEXCでさまざまなトランザクション方法を試すことができます。


3)市場リスクを回避し、市場のブラックスワン(予測できない衝撃の大きい出来事を指す)に対峙する。

市場が下落すると予測される場合、資産を素早くUSDTに移し、起こりうる経済的損失から資産を守ることができます。


USDTの長所と短所


1)長所


USDTの最大の利点は、その価値が米ドルに1:1で固定されていることです。これは、投資家が法定通貨を暗号資産に変換するために役立ちます。投資家は、USDTトークンを暗号資産市場で取引または、投資することができます。 USDTトークンは資産の縮小を防ぎ、市場の変動に対して価値を維持することができる数少ないトークンです。


2)短所


USDTの最大のリスクは、発行会社のテザー社が破産する可能性があることです。テザー社はまた、USDTトークンを過剰発行する可能性もあります。テザー社のUSDTトークンの運用は完全に一元化されています。つまり、発行、承認、規制リスク、および運営上のリスクはすべてテザー社に集中しています。テザー社はUSDTトークンの準備金の100%をUSDTトークンに紐づけることを約束していますが、準備金の詳細は完全には公開されていません。そのためテザー社が準備金を不正に運用したり、過剰発行した場合でも真偽は誰にもわかりません。


まとめ


ステーブルコインは、トレーダーが法定通貨に変換する必要がないため、暗号資産取引の利便性が向上します。安全性のリスクについてはまだ多くの懸念がありますが、過去数年間のUSDTトークンの取引量の多さは、投資家が安定した暗号資産に強い信頼を寄せていることを示しています。




免責事項:暗号資産の取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。これらの資料は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 MEXC Learnは情報のみを提供し、経済的なアドバイスは提供しません。投資する前に、関連するリスクを完全に理解していることを確認する必要があります。


関連記事

すべて表示

スマートコントラクトを解説

スマートコントラクトは、ブロックチェーンに最初に登場した概念ではなく、1994年にコンピューター科学者であり暗号学者のNick Szabo氏によって考案されました。 「スマートコントラクトとは、あらかじめ設定されたルールに従って履行するコンピューター化されたトランザクションプロトコルを指す。」 残念ながら、開発された当時は十分な注目を集めませんでした。しかし、スマートコントラクトの概念が空想上の物

bottom of page